スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

テレビ台製作-23 やっとこ完成★

こんばんは

最近は23:00からのワールドカップ中継を見ながら寝てしまう生活が続いています

遅ればせながら、テレビ台の最終仕上げ編
前扉の最終調整からスタートです

全体的に5mmほど出っ張っていましたので、脚材のツラに合わせてすり付けようと思います
トリマーに角面ビットをセットして

角面ビット トリマー加工 テレビ台自作

脚材のツラに合うようにひとまず直線的にカットします

角面ビット ウォルナット 板材トリマー加工

その後、サンダーで丸みを付けるようにフリーハンドで整形してみました
端の部分はトリマーで綺麗に直線カットされているので、決してサンディングしないのが重要

テレビボード 前扉 局面加工 ベルトサンダー

こんな感じになりました

テレビボード 曲面仕上げ ベルトサンダー

扉を設置したイメージがコチラ
均一な隙間、0.5mmくらいで綺麗に収まり満足しています。マグレと言って良いでしょう

テレビ台自作 前扉 クリアランス 

天板の後ろ側にコード用の切り欠きを入れて
電源コードは正面から見えない様にするべく、裏面にネジでぶら下げております

テレビボード 背面 電源コード DIY

ビスはおなじみ? オフコさんのオールドファッション・ブラススクリュー

テレビ台 背面 コード掛け オールドファッション・ブラススクリュー



そしてテレビ台の全貌です

自作テレビ台 全体図 ウォルナット無垢材

カエデの取っ手はちょっと大きく、手作り感いっぱいになっている感じです。
もう少し機械的に綺麗に出来れば良かったなぁ

テレビ台 前扉 ソフトダウンステー DIY

ソフトダウンステーもちゃんと機能しています
本体にもう少し高級感があると良かったんですけどね

前扉 角度切り テレビボード

いちばんお気に入りになった扉の角度、アール加工

自作テレビ台 右サイド 目の錯覚

台形のため斜めから見ると目の錯覚でおかしくなります

-------------ウォルナットテレビ台---------------
【材料】
天板、脚、棚板、前扉---ウォルナット無垢材
鏡板 ---ウォルナット突き板
取っ手---カエデ無垢材
金具---LAMPソフトダウンステー,ドロップ丁番
【塗装】
オスモエキストラクリア、蜜蝋ワックス(天板のみ)
【重量】
15Kg
----------------------------------------------

正月ごろから作業(たしか…)していましたので、半年ぐらい製作していたことに。。なが~
励ましコメント頂いた皆さま、本当にありがとうございました!
最初はどうなる事かと思いましたが、お陰さまでなんとか形にすることが出来ました

それでは


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へblogram投票ボタン





スポンサーサイト
00:37 | 作品 | comments (14) | trackbacks (0) | edit | page top↑

テレビ台製作-22 最終組み上げ(途中)

こんばんは

テレビ台製作編、いよいよ大詰めに入ってまいりました
が、まだ作業は終わってはいません。。
この土日で終わると思っていたんですけどね。。。


さて、こちらはテレビ台の前扉の拡大画像です
雇い実をあえて短く仕込んでみましたの巻き。

板接ぎ 雇い実 埋め木 楓

白木のアクセントでも入れてみようということで、
こちらのカエデの端材から若干厚めに埋め木を切り出します。

手前は茶色くなっているのですが、これは完全に耳の部分です
全体が真っ白というのがカエデのイメージですね

楓 埋め木 雇い実の溝

溝の中の残りボンドをノミで綺麗にしてから、埋め木を打ち込みました
ここは後ほど研磨をしたい部分なので、タイトボンドで接着させています

楓 埋め木 タイトボンド

乾燥後ダボ切り鋸でカットして

埋め木 ダボきり鋸

その後、念入りにサンディング
写真は忘れてしまいました

こちらはオマケで作ってみた前扉用のツマミ
同じく楓材です

楓材 扉のツマミ ガレージ木工 


そしてテレビ台の最終組み上げへ
各ホゾにもボンドを仕込んで、順に組み上げております
こちらは普通の白ボンドを使用します


ウチには組み上げ使えるクランプはポニー2本しか無く。。
少しでも補えればと、ベルトクランプ代わりにPPバンドを利用しています

木工 ベルトクランプもどき 荷造りPPバンド  ストッパー

PPバンドは、梱包用のおなじみのバンドですね

ベルトクランプ代わり PPバンド ストッパー

ストッパーを利用して、PPバンドは力の限り締め上げます

圧着 締め上げ 木工 PPバンド 

天板裏は火打ち、駒留め、吸い付き桟もどきも施し、ゴチャゴチャと
良くわからないような状態ですが、、気にしない気にしない・・・

次の週末こそ完成する…かもです


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へblogram投票ボタン




00:24 | 作品 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

テレビ台製作-21 駒留め、オイル塗装

こんばんは

今日はかなり久しぶりのテレビ台製作編です

和室の片隅にバラバラの状態で置いてました。。お待たせ~~
ちなみに、この和室の壁も以前に自分たちで色塗りしました

テレビ台 部材 部品 材料 

駒留め用の部材と穴掘り

テレビ台 駒留め 部分 ガレージ木工ブログ

前扉の金具まで仮に組み上げまして、出来上がりイメージ確認をしています

テレビボード 前開き扉 ドロップ丁番 ガレージ木工ブログ

仮止めでビスが飛び出ていますが、LANPのドロップ丁番SDHの拡大画像
下開き扉を比較的スッキリした印象にできる丁番と言えると思います。

テレビボード ドロップ丁番 埋め込み ガレージ木工ブログ

でもって、前扉を閉じて横から見た図

テレビ台 開き扉 面あわせ ガレージ木工ブログ

丁番の隙間分を忘れていたりで、前扉がかなり出っ張っている状態です
このあたりは次回に最終調整することにします

そして、ひたすらサンディングが続き…ようやくオイル塗装しました
色がかなり違いますが、全てクリアオイル処理済みです

テレビ台 部材 オイルフィニッシュ オスモ エキストラクリア

特に右の板材の色味が気に入っています、前扉で良かった
同じウォルナット材で、同様にサンディング、オイル仕上げしているのですが、
材によって全く仕上がりが違うもんですね。

予算が許すのならば、やはり色合いの近い材を選ぶのが良いのでしょう。。
私はオークションや材木屋さん、突き板のごちゃ混ぜなので、それぞれ雰囲気が異なります
一番イイ色しているのは材木屋、小郷木材さんのウォルナット材でしたね

長い長いテレビ台製作編、ようやく週末にはほぼ完成できそうな感じです


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へblogram投票ボタン






23:22 | 作品 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

テレビ台 製作-20

こんばんは

3月のおすすめセットキャンペーンで購入したKERV BS-14ですが
(まだ組み立てはおろか開梱もできていませんが…)
近々バージョンアップされるようです
購入して即効モデルチェンジなので悲しいですが…

オフコさんのアナウンスによると、ドリフト調整機構のついたテーブルが標準装備になるようです
今までのモデルはフェンス側でドリフト調整が出来るようになっていましたが、
調整の幅が小さく、実際のドリフト量に対応しきれない場合があったようですね

新モデルは現在準備中とのことなので詳細はまだ判りませんが、
旧モデル買ってしまった私としては安くならないことを願います



さて、テレビ台製作編へ …日曜作業分です
先日準備していたテレビ台前扉の調整へ

設計より5mmほど大きく作っておいた扉の板材を
現物合わせで調整して行きます

直線カット部分は丸のこで、斜めカット部分は手カンナで、
最終はサンダーで調整する感じで進めました

自作テレビ台 前扉 かんな掛け

今日は久しぶりに手カンナを使ってみましたが、、
やっぱり難しい~~~というのが改めての感想
切り屑も厚いし、削り終わりの手前部分が丸くなっちゃう感じです…

サクっとかんなで調整したい場合は多くあるので、
最低限使えるようになりたいとは思ってるんですけどね。。
とにかく練習あるのみですね~

でもって、とりあえず前扉が枠内に収まるように削りました

自作テレビ台 開き扉 仮取り付け

上の写真の扉右下部分が欠けているように見えますが、、
下の写真のように切り欠きを入れないと、扉の開閉が出来ないんですよね

テレビ台自作 前開き扉 切り込み

バランスを合わせて左サイドも切り欠きを入れると、
中が見えちゃうし、脚の角材を削るのもな~ってことで…
台形型設計の弊害でした


続いて脚材の下から150mmほどテーパー状にカットしてみます

テレビ台自作 脚 テーパーカット

こんな感じ、なんか微妙…?
この後ベルトサンダーでざっくり整えておきます

自作テレビ台 脚 テーパー加工


こちらは天板固定用の駒留め部材
(こんなんで良かったかな~と思いながら製作…)

テレビ台自作 天板 駒留め

ここで一旦仮組みを全てばらしました
こちらが今回のテレビ台用ウォルナット全部材
ただいま地道にサンディング中……まだ80番のみです

自作テレビ台 材料 ウォルナット部材


ここからリフォーム編&かなり久しぶりの工房製作編へ

こちらは我が家のリビングのクローゼットです
今回のプチリフォームでクローゼットは取り壊して、
壁側面に板を埋め込んでパソコンスペースに改良します

リビング クローゼット解体 リフォーム

で、クローゼット内の壁をぶち壊した図
斜めに通っているのは2Fへの階段で、写真右下の奥の部分のみ
収納を新設しようと思っています

そして注目すべきは中央上部の断熱材の奥の闇の部分…

リビング クローゼット 壁を剥がした

こちらが闇の奥部分の画像です
ガランとした天井裏スペースのような部分なのですが。。

自宅ガレージ 工房化 天井裏 スペース

何かと言いますと、未来の工房の天井裏部分になるのです!
つまりはガレージの天井をぶち破れば6~70cmくらいガレージの
天井を高く出来るという訳です

今のガレージの天井高が2.3mくらいなので、もし天井をぶち壊して拡張できれば
3m程の高さに、収納アップ、材料の取り回しも楽になるし拡張したーい
まぁ工房化の作業も材料も一気に増える訳ですが…


しばらく手は付けられそうにないので、ボチボチ考えようと思います
それでは


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ





01:13 | 作品 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

テレビ台 製作-19

こんばんは

リブロスデルムンドさんから新しいスポークシェーブの15"バンドソー
遂にベールを脱いだ!ようです
Lagunaのそっくりさん!? 四角いボディがカッコイイです 値段は・・・

さて今日はテレビ台製作編の続き(日曜分)です
天板の反り防止のため裏面にナンチャッテ吸い付き桟加工と
扉側の丁番埋め込み加工です

こちらは天板を裏から見たところ
角材が他の部材と干渉しないように位置決めしてておき

ウォルナット 天板 吸い付き桟?

ビスで簡単に固定していきます
固定用のビスと、気分で間に水道用のパッキンを挟みます

天板 そり止め ビスとゴム

こんな感じで裏から角材をビスで締め上げて

天板 吸い付き桟? ビス留め

計3本のナンチャッテ吸い付き桟を仕込みました。
全体はこんな感じ

ウォルナット 天板 そり止め加工?

これで天板そのものはOK、脚材と天板の固定は駒留めでと思っています
とここまで作業して改めて駒留めと吸い付き桟について調べたところ…
ここでようやく気がづきました!!

駒留め、吸い付き桟はどちらも反り止めの効果があり、作品の構造に合わせて
いずれか一方のみ を採用するのが正解だと…orz

そういえばテーブルは吸い付き桟だし椅子や框組みは駒留めですよね。。。
まぁ素人仕事で効果は薄そうなので丁度良かったりするかも
このままシレ~と進めていきますよ~


続いて扉面のドロップ丁番埋め込み加工へ

棚板と扉側の板材を合わせて蝶番のセンターラインを引いて、
面と平行なラインを8ミリ内側に引きます
交点がドロップ丁番用の丸穴の中心になります

テレビ台扉 ドロップ丁番 埋め込み1

先日のテストで作成した丸穴用のテンプレートでトリマーで溝掘り

テレビ台 扉 ドロップ丁番 穴加工

合計4箇所、丸穴を加工して

ウォルナット 丁番 穴加工

ドロップ丁番SDHをはめ込みビスで固定

扉 丁番 埋め込み

扉が開いたイメージ

扉 ドロップ丁番 開いたイメージ

扉が閉じたイメージ

扉 ドロップ丁番 閉じたイメージ

丁番加工は心配だったんですけど、なんとか大丈夫そうです
丁番自体で結構調整できるしね
あと前扉側はまだ5mmほど設計より大きいままなので微調整が必要
これが終われば結構一気に行ける感じかなぁ


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へにほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ





22:56 | 作品 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。